肌に関するコンプレックスを最新医療によって治す

医師選び

乳房再建手術の選び方

乳房再建の手術は、女性にとっては大変にデリケートな問題です。そしてこれらの手術には、肉体的も精神的にも多大な負担がかかるため、乳房再建のための医師選びは、この手術の大きな鍵となってきます。 乳房再建手術を行なう際の医師選びは、お互いの信頼関係は勿論のこと、その料金や医師の技術力が非常に大切です。 その為にもあなたにとっての乳房再建を行なう際の重要項目を明確にし、どの医師が自分の希望する条件に最も合うかどうかという点を確認することは、非常に大切な作業になることでしょう。何れにしても、これらの手術は時として多くのリサーチを要求します。そしてインターネット上での評判や実際の医師の印象などを兼ね合わせて考慮しながら、最適な医師を選び出したいものです。

現代の乳房再建手術方法について

乳がんで胸を失う事は女性にとって精神的なダメージを受けかねません。 しかし最近では日本の乳房再建の医療技術も発達し、乳房切除手術と乳房再建手術を組み合わせて行う人が増えてきています。 乳房再建時期はガンの摘出と同時に再建も行ってしまう1期再建とガンの摘出手術後数か月〜1年後に再建を行う2期再建の二つのパターンがあります。1期再建は一度に手術が終わって患者の負担も少ない事、2期再建は摘出手術が終わって落ち着いてからゆっくり方法や費用について検討できるというそれぞれのメリットがあります。 また乳房再建方法は、自分の体の一部を使って再建する方法とシリコンなどの人工物を埋め込む方法と二通りあります。体の一部を使って再建する方法は胸の筋肉も切除してしまった場合や放射線の影響などで固くなり伸ばす事が難しい場合の時の方法で保険も適用されます。シリコンなどの人工物を埋め込む方法は胸の筋肉が残されている事が前提で、1回の手術で人工物を挿入する単純人工乳房挿入法と、1回目の手術で皮膚を伸ばし2回目の手術で人工物を挿入する組織拡張法の二つがあります。これらの手術には保険が効かないので注意が必要です。